コラム

世田谷区 松原 赤堤 杉並区 下高井戸エリアの整体院 気功を応用した筋・骨格調整を得意としています

2020.04.02

【結論】強もみマッサージは筋肉が固くなるよね~、というお客様との会話

先日、あるお客様と、施術後に話していたら、こんな話題になりました。

あるお客様(なかなかの筋肉質。恰幅が良い男性):

(施術終わって、ほっとしたのか)

はぁ~、はぁ~

ありがとうございました。・・・(間)

中国のハリは僕に刺すと折れちゃう。
日本のハリだと折れることはないけどぐぐっとこない。
昔はよく、マッサージを受けるときに、マッサージの先生が壁に手を当ててその反動でぐいぐい押していた。その場は気持ちよくなるんだけど、2日後くらいに揉み返しがきて痛いんだよね~
やっぱり、これって、筋肉硬くなっちゃうのかな?

私:

はい、そうです(汗)

・・・そうとしか言いようがありませんでした。揉み返しを繰り返していたら硬くなるのはほぼ確実かと思います・・・。

当院が気功にかける思い


そんなわけで、私は「もまない」、「骨格矯正しない」整体を追及してきました。(骨格矯正も筋肉の反発を生み出す可能性はあると考えています。)その究極はやはり気功だと思って、施術に応用しています。

気を流すことによって、今、その体が変れる分だけ自発的に変わっていきます。これによって、歪みや筋肉の硬さも、その日に変われる分だけ改善されていきます。

Photo by Jared Rice on Unsplash

ただ、気功とはいっても、ご本人にとって「なんとなく気持ちいい」、で終わらわせてはいけないと思っています。きちんと可動域検査など施術前後のチェックを行います。それによって、お体の改善を極力目に見えた形でお伝えしてます!やはり専門的に見て、歪みの箇所などはお伝えし、施術の意義というものをご理解いただくのも、こちらの務めだと考えております。

当院の気功整体「ちゅうしんセラピー」の特徴

皆さんは、気功を用いた整体についてどのようなイメージがありますか?体の中の気の流れを促し、血流が上がる、あたたまる、などのイメージがあると思います。

当院では、このような全身の気の流れを促すだけにとどまりません。これは、地ならし的な役割としてはとてもいいのですが、局所的な痛みやお辛さを取り除くのには、やや不十分だからです。

そこで、行っているのが「ちゅうしんセラピー」。これは、解剖学的に組織を細かく分解・分析しまして、お悩みの症状に一番影響している組織に対してピンポイントで、氣のエネルギーを注入するということを行います。

たとえば、一口に関節といいましても

Photo by Harlie Raethel on Unsplash
  • 関節包
  • 滑液包
  • 滑膜
  • 骨膜
  • 軟骨
  • 骨頭
  • 筋肉
  • 筋膜
  • 神経
  • 毛細血管

といった、微細な組織に分割できます。これらは、役割も違えば、材質も異なるため、気の流し方も少しずつ違ってきます。細かく分解するほど、より明確に気を流していくことができるのです。

初回トライアル料金についてはトップページをご覧ください

このような施術のモットーがあなた様の価値観に合うようでしたら、是非一度体験しにいらしてください。初回トライアルキャンペーンの情報はこちら、当サイトのトップページでご覧いただけます。

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash